シグナリフト使用で直接細胞に働きかけコラーゲン再生

ほうれい線が消える!シグナリフト使用でコラーゲン再生

年齢を重ねるにつれ、肌への悩みは増加する一方です。
繊維芽細胞で作られたコラーゲンは、加齢により減少するとともに機能が落ちてしまいます。

 

コラーゲンは肌の弾力やしなやかさを生みだすタンパク質の一つ。
真皮層に網目のように張り巡らされており、バネのような弾力を発揮することで肌のハリをキープします。

 

コラーゲンが減ると、肌からハリと弾力が奪われ、見た目にも肌は老化し、老け込んでしまいます。

 

加齢によるコラーゲンの減少

 

部位別大人ニキビ

 

コラーゲンは20代から減少しだして、40代で半分になってしまいます。

 

肌の衰えの原因はコラーゲンの減少

 

  • 肌のハリが無くなる。
  • 目もとや口元のしわがくっきり目立つ。
  • ほうれい線がくっきり出る。
  • シミが目立ち出す。
  • 顔がくすみ、血色が悪くなる。
  • 顔の皮膚がたるんでしまう。

 

体内で作り出されるコラーゲンの数が減少することで、上記のようが症状が発生します。

 

もう少し部位ごとに症状が出やすい箇所を紹介

 

  • 目元・目尻に小ジワ
  • 目元のたるみ
  • 頬のたるみ・毛穴
  • ゴルゴライン
  • ほうれい腺
  • マリオネットライン

 

※ゴルゴラインとは鼻筋の横の目頭から頬の中心に向かって斜め45度に走るくぼんだラインのこと。漫画のゴルゴ13の顔に入っている線が由来です。

 

※マリオネットラインとは口唇の両側から顎にのびる2本の溝のこと

 

コラーゲンは肌の潤いをキープするためには不可欠な成分

 

加齢で減ってしまうコラーゲンを補給する必要があることはみなさん分かっています。
でも実際どのような方法が有効なのでしょうか?

 

コラーゲンの補給方法

 

  • コラーゲン配合サプリメントを飲む
  • コラーゲンを含む食材を食べる
  • コラーゲン注射で体内に取り入れる

 

こんなところがコラーゲンの主な摂取方法でしょう。

 

実際なかなか効果的なコラーゲン補給は困難だったのです。

 

シグナリフトによるコラーゲンの主な摂取方法

 

今まではコラーゲン補給は体外から補填していました。
シグナリフトの画期的なところは、直接細胞に働きかけ、コラーゲンを自ら生成させるようアプローチするところです。

 

新成分シグナペプチド

 

シグナリフトがコラーゲンを自ら生成させる秘密は、再生医療センターが開発した新成分「シグナペプチド」です。

 

シグナペプチドの3つの効果

 

部位別大人ニキビ

 

シグナペプチドは直接細胞に働きかけて様々な作用を発揮します。
その効果は大きく次の3つです。

 

保湿効果

 

表皮に存在するセラミドの保湿機能をサポート。
肌のバリア機能を高める事で、紫外線などの外部からの刺激をブロックし、内部の水分の蒸発を防ぎ肌にうるおいを与えます。

 

ハリのケア

 

真皮でコラーゲンを生み出す繊維芽細胞をサポート。
明るくハリ・弾力のある肌を作りあげます。

 

美肌維持

 

脂肪幹細胞にあるコラーゲンは元より、保湿能力のあるセラミドや美肌を維持してくれるKGFの生成をサポート。
皮下組織にシグナルを送る事で、毛穴・シミ・シワ・くすみ・たるみといったエイジングをケアします。

 

部位別大人ニキビ


 

関連記事はこちら